第二種金融商品取引業登録、投資助言・代理業登録、エコアクション21の認証・登録、優良産業廃棄物処理業者認定
経営革新計画の承認の取得・運用、プライバシーマークの取得・運用、新公益法人制度への移行、
電子定款認証手続き
     

行政書士マツダ事務所

マツダ事務所では、第二種金融商品取引業様の社内規則整備をサポートします!

行政書士業務
<金融商品取引法関連>
第二種金融商品取引業
投資助言・代理業
運営コンサルティング
法定書面雛形セット
<コンサルティング>
エコアクション21・優良認定
経営革新計画の承認
プライバシーマーク取得
新公益法人制度への移行
<法人設立関連>
電子定款認証手続き
事務所案内
報酬額
相談窓口
プロフィール
個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらから!

           
第二種金融商品取引業者の社内規則の整備について
第二種金融商品取引業協会規則に準ずる内容の社内規則の整備が不可欠!
平成26年5月23日付けで、金融商品取引法等の一部を改正する法律案が可決成立
し、同月30日付けで公布されました。

今回の法改正により、第二種金融商品取引業協会に未加入の第二種金融商品取引
業者様につきましては、協会規則に準ずる内容の社内規則を整備し、遵守するための
体制整備が義務付けられることとなり、この義務は登録拒否要件として規定されること
となりました。

したがいまして、第二種金融商品取引業者様がこの登録拒否要件に該当しないように
するためには、
@第二種金融商品取引業協会に加入して自主規制規則を遵守する
A第二種金融商品取引業協会に加入しない場合には、第二種金融商品取引業協会
  規則に準ずる内容の社内規則を整備し、社内規則を整備するための体制を登録業者
  様が自主的に整備する
のいずれかの対応が迫られることとなりました。

ちなみに、この改正は平成27年5月までに本格的に施行される予定です。

第二種金融商品取引業協会に加入するには初年度150万円、次年度以降は毎年50万
円のコストがかかるため、登録業者様にとりましては、大きな負担増となってきます。

そこで、当方では上記Aに対応するべく、社内規則の整備並びに社内規則を遵守する
ための体制整備をサポート致します。

第二種金融商品取引業者様の社内規則整備をお考えの皆様はこちらまで!
   ↓
相談窓口


※社内規則の作成費用につきましては、15万円(税抜)からとなってお
  り、各登録業者の既存の規程整備や社内体制の整備等により異な
  りますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

なお、平成27年4月30日までにお申し込みの登録業者様には、20%引
きで対応させていただきます!

                   Copyright(C)2006 行政書士マツダ事務所 All Rights Reserved.